Ⅺ防衛省神奈川県警皇道派M 外務省×農林水産省 America Britain China Dutch Japan SUN×MOON StarWars 官僚さん通信さんとも共に

jリーグ百年構想!×電通×欧州サッカー×F1 日英同盟 ヨーロピアンデジタルDAZN:新公武合体 M媒体 ガイアの法則より 1995年からスタート 英独日ユ

ドイツ

Mitsubishi 国体を保守するため組織されたものJSDF 心が形として現れるから、心を知ることから

Mitsubishi 母は文房具店を営む スイミングスクール サッカークラブ 三菱鉛筆 父の姿“短くなるまで使う" 自宅には大きな本棚 周りと折り合いをつけるのが難しく… 親戚に自衛隊員 興味を示すムック本 心ある人なら命を吹き込むことも… 国体を保守する JSDF 心…

Formula1黒い森シュヴァルツヴァルト ホッケンハイムリンク 毎年世界をめぐり各国で開催されるもの、指針として良いものになる

森 キリシタン燈籠 目黒通り山手通り交差点付近大鳥神社 新茶屋坂通り沿いにポーランド大使館 大戦略 Hex上ユニット操作相手上回る L'EMPEREUR クラウゼビッツを知る 習慣から対象となるものの心を知る事 Formula1黒い森シュヴァルツヴァルト 中学2 森松戦争…

AN602:ツァーリ・ボンバ 露: Царь-бомба、英: Tsar Bomba 「爆弾の皇帝」 PAK DA 露:ПАК ДА ステルス戦略爆撃機

ツァーリ・ボンバ(露: Царь-бомба、英: Tsar Bomba、「爆弾の皇帝」または「爆弾の帝王」の意)は、ソビエト連邦(以後「ソ連」)が開発した人類史上最大の水素爆弾の通称である。正式名称はAN602であり、開発時のコードネームはイワン(Иван)であった。 …

Kawasaki Frontale:川崎フロンターレ 2021年までは個人的に川崎を中心に考えて行きたい 私プレミアリーグ所属!!

川崎中心主義 二十歳まで東横線の綱島 地元のスーパー万引き騒動"中二病”の起こり 京浜伏見稲荷神社先日遊びに行ってきました グランツリー武蔵小杉 川崎フロンターレ本拠地、等々力陸上競技場 Francfrancのルームフレグランスを購入した 武蔵小杉駅2社計5路…

『サッカー戦術クロニクルゼロ』トータルフットボールについて勉強 |日本人選手はスペシャリストよりゼネラリストが良いという話

サッカー戦術クロニクルゼロ トータルフットボールの源流と未来 作者:西部 謙司 発売日: 2018/06/21 メディア: Kindle版 トータルフットボール? 1974年西独W杯準優勝オランダ代表 「我々の前には、オーストリアのヴンダーチーム」 トータルフットボールの核に…

ワールドカップ南アフリカ大会を思い出す |長谷部誠が与えられた“前半戦ベストCB”の称号に元ドイツ代表DFも納得 備忘録

Number Web - 文春オンライン フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は、ドイツ誌『キッカー』が選ぶ今季ブンデスリーガ前半戦でのセンターバック部門のランキングのトップに。同誌のコラムで元ドイツ代表DFのユルゲン・コーラー氏は、その評価は…

ナチュラルローソンで各国のお菓子を購入 “ソラン・デ・カブラス”レアル・マドリード公式飲料

“ナチュロ”で各国のお菓子を購入 よその国のお菓子を食べながら国々を想う “ソラン・デ・カブラス”レアル・マドリード公式飲料 2010 FIFAワールドカップ、南アフリカで開催 soccer日本代表のイメージ象“ワールドカップ直前前評判が悪い” 抱えているものがよ…

横浜国際総合競技場「日産スタジアム」 2002年日韓ワールドカップ 2019年ラグビーワールドカップ

横浜国際総合競技場(よこはまこくさいそうごうきょうぎじょう、International Stadium Yokohama)は、神奈川県横浜市港北区にある陸上競技場兼球技場である。 施設は横浜市所有で、運営管理は横浜市体育協会、横浜F・マリノス、管理JV(ハリマビステム、東…

Adidas/Puma マイノリティの心を尊重する事により多様な心、文化 多様な文化から多様な心が育まれる それって八百万の神々だろ?

SP Adidas/Puma coolJapanも 難しいのではないのか マイノリティ 組織のいい加減致命的 多様な文化から 多様な心が育まれる 八百万の神々 八百万の神 自然のものすべて神宿る 日々の営みから文化 宗教が生まれる 十アニミズム N隠れマルクス共産×創価 国体破…

虐待・遺棄された猫が心を開くまで「やさしい記憶」をみんなで上書き  ネコもそうならウマもイヌも人もみなそうだよ 

陽のあたる部屋で 東京都西部の静かな住宅地に、保護猫の預かりボランティアをしている市來(いちき)みさとさんを訪ねたのは、北風が吹きすさぶ日だった。 日当たりのよい暖かな2階の部屋に、大きなケージハウスが4つ。見慣れぬ侵入者に、耳を反らせるサビ…