JFA:八咫烏は日本代表

ハロは5689 S:国体AI19東急 ChinaSchool 「東急91×29チク竹:国体AI×IT」東急×松竹×電通×Sony×Hikarie×Adastria×Au N:NTT NURO 代官山関内NETWORK“鷹番”

本来の意味なら、義務でなく気晴らしや楽しむことが条件 |スポーツ障害もあって、プレーからは難しい 観戦 esportsなら楽しめる

sportsを考える

その前にWikipediaを参照

 sportsについて考える前に、Wikipediaを参照することにした。

 “「(仕事や義務でない)気晴らしをする、楽しむ」となり、英語の「sport」になったと考えられている。”

 仕事や義務でなく、気晴らしや楽しむことがスポーツの条件になりそう。アマチュアならば、義務であってはならないし、そもそも、“気晴らしをする、楽しむ”から外れてしまうと本来の意味からも逸脱することになりそう。

 

ペンブックス16 キリスト教とは何か。II もっと知りたい! 文化と歴史 (Pen BOOKS)

ペンブックス16 キリスト教とは何か。II もっと知りたい! 文化と歴史 (Pen BOOKS)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2011/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
アマなら義務でなく気晴らしや楽しむことが条件

 アマなのだから、自由参加という事にな労だろうし、ボランティア活動にも近いのかもしれない。各々の自由な時間の中から割いたものを、割り当て、活動に充てる。各々が自由な意思の中で自由に参加する。

 もちろん、プロならば、義務でしなければならないこともありそうですが、ことアマチュアとなるとどうなのか。今後とも考えて行く必要がありそうです。

 

スポーツ(アメリカ英語: sports、イギリス英語: sport)とは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体運動の総称である[1]。

語源 
「sports スポーツ」の語源はラテン語の「deportareデポルターレ」にさかのぼるとされ、「ある物を別の場所に運び去る」が転じて「憂いを持ち去る」という意味、あるいはportare「荷を担う」の否定形「荷を担わない、働かない」という語感の語である。これが古フランス語の「desporter」「(仕事や義務でない)気晴らしをする、楽しむ」となり、英語の「sport」になったと考えられている[2]。

スポーツ - Wikipedia

GIANT KILLING(51) (モーニングコミックス)

GIANT KILLING(51) (モーニングコミックス)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/04/23
  • メディア: Kindle版

スポーツ障害

部活動の プレーがもとで右足首から先の不調が続く

 個人的な話をさせてもらうと、右足首を痛めており、部活動のプレー中のものが障害のように残っており、スポーツ障害という言い方もできそう。右足でなにかをすることが得意でなく、Soccerのようなものは不得手とも言えそう。あまり、sportsをすることで気晴らしのようなことが出来るのかと言うと、おそらく出来ない。

 “気晴らしをする、楽しむ”ことが出来て、“心が楽しい、面白い”と感じる。自由を感じられる。心が自由を感じるし、スポーツの本来意味することとは、そういう事ではないのか。

 

スポーツ障害(スポーツしょうがい)は、スポーツ(運動)をすることで起こる障害や外傷などの総称である。使い過ぎ症候群(つかいすぎしょうこうぐん)ともいう。

概要 
長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害。スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害である[要出典]。

同愛記念病院整形外科の統計によれば、力士のスポーツ障害5094件の内、下肢の怪我は2601件(51.2%)に及んでいる。さらにそのうち半数が、膝の靭帯や半月板に起こる怪我や障害である。その理由として、膝関節の構造が股関節に比べて不安定な作りになっていること、力士の体重が約150㎏と重いことが挙がる。しかし力士のスポーツ障害は熱心な下半身の稽古や手術などの十分な治療と休養によって防ぐことが可能である[1]。

スポーツ障害 - Wikipedia

プレーから気晴らしは難しい esportsなら楽しめる

 自分とってsportsをプレーすることから、自由を感じることも難しければ、気晴らしをする、楽しむことを感じるのも難しそう。どちらかと言うと観戦するほうがよほど気晴らしにもなるし、面白さというのも感じられる。また、esportsというものもあるが、こちらの方がプレーするより、面白さ、楽しさを感じられる。

 sportsに重きを置くとそうなるのだろうし、そもそも、「気晴らしをする、楽しむ」ことから外れさえしなければ、あらゆるものごとが各々にとってのスポーツともいえそうだから、心がどう感じるのかを考えて行く必要もありそう。

 

グラゼニ~パ・リーグ編~(7) (モーニング KC)

グラゼニ~パ・リーグ編~(7) (モーニング KC)

  • 作者:足立 金太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/01/23
  • メディア: コミック