JFA:八咫烏は日本代表

ハロは5689 S:国体AI19東急 ChinaSchool 「東急91×29チク竹:国体AI×IT」東急×松竹×電通×Sony×Hikarie×Adastria×Au N:NTT NURO 代官山関内NETWORK“鷹番”

野球 サッカー 競馬 Ⅲででき上がっている様子 |プレイするのは苦手、観戦するのは小さい頃から好き

野球 サッカー 競馬 Ⅲ

中央競馬クラシック三冠

 競馬との付き合いも割と古く、高1からという事になる。馬券の購入方法としては、年齢的にマズいため、友人にお願いし、知り合いのお兄さん経由で購入することになっていた。初めて購入した馬券が的中したことにより、はまったという事になるのだろう。

 1991年春先の事になる。以降、つかずはなれずで、現在に至るが、中央競馬だけでなく、地方競馬にも足をはこび楽しむこともできました。初参戦は大井競馬。友人がが運転する車に乗りこみ、向かう。20くらいの頃か。全く的中することはなかったが楽しく過ごすことも出来まました。その節は有難うございました。

 

大井競馬場(おおいけいばじょう、Ohi Racecourse)は、東京都品川区勝島にある地方競馬の競馬場である。施設は東京都競馬株式会社の所有で、特別区競馬組合が賃借し「東京シティ競馬 (TCK)」の愛称で競馬を施行している。

浦和競馬場(埼玉県さいたま市)、船橋競馬場(千葉県船橋市)、川崎競馬場(神奈川県川崎市)と共に南関東公営競馬を構成する。SPAT4加盟。

大井競馬場 - Wikipedia

皐月賞、東京優駿、菊花賞の3競走 三冠競走

 中央競馬において創設された、3歳牡馬・牝馬のための皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞の3競走を指す。単に三冠競走とも称する。

 三冠馬で思い出されるのは、ナリタブライアン。ちょうど、競馬をはじめてすぐの頃の最強馬といえるのだろう。

 ディープインパクトというのも、リアルタイムで見ているはずなのだろうが、記憶が失われてしまったことにより、YouTube動画などを繰り返し見ることにより、記憶を埋め合わせる必要があった。ふしぎなもので繰り返し行うことにより。

 リアルタイムのものと想えるのだから面白い。ただ、やはり、記憶は失われている。なぜなら、ディープインパクト現役時代と同時期の記憶がアヤシイことから、やはり、失われているものを錯覚させているだけなのかも知れない。

 オルフェーヴルに関しては、現役時代を記憶しているし、印象深い競走馬。好きな馬でもあるから、今後とも気にして行きたい。

 

中央競馬クラシック三冠(ちゅうおうけいばクラシックさんかん)とは中央競馬において創設された、3歳牡馬・牝馬のための皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞の3競走を指す。単に三冠競走とも称する[1]。

また、桜花賞、優駿牝馬(オークス)の牝馬限定クラシック競走と、クラシック競走ではない3歳牝馬限定GI競走の秋華賞(1976年から1995年はエリザベス女王杯)を制した場合は牝馬三冠と呼ばれる。

各年度の勝利馬については「中央競馬クラシック競走優勝馬一覧」を参照。

中央競馬クラシック三冠 - Wikipedia

週刊Gallop(ギャロップ) 臨時増刊 さらばオルフェーヴル 2014/01/15 (2014-01-15) [雑誌]

週刊Gallop(ギャロップ) 臨時増刊 さらばオルフェーヴル 2014/01/15 (2014-01-15) [雑誌]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: サンケイスポーツ
  • 発売日: 2014/01/15
  • メディア: Kindle版

プロ野球 三冠王

首位打者・最多本塁打・最多打点のタイトルを取得

 プロ野球も、小さい頃から楽しむことが出来ました。ありがとうございました。ミルミル好きだったことから、ヤクルトファンになるのですが、友人に誘われたオープン戦が楽しかったのでしょう。以降、地元横浜大洋ホエールズを応援するようになります。

 オープン戦を観戦したのですが、その対戦相手はロッテオリオンズ。当時、落合博満さんが在籍しており、おそらく、試合に出場しているはず。もちろん、オープン戦ということもあり、無理をすることもない。春先だし、怪我が怖い。そんなに打席に立っていないはず。

 いずれにしても、オープン戦は楽しめたようだ。

1985~86年シーズンセパ両リーグで達成 Rバース 落合博満

 1985年シーズン、落合博満さんは、三冠王を獲得。セリーグに目を転じると、阪神タイガースに在籍していた、Rバースも三冠王を獲得し、チームの日本一に貢献。セパ両リーグで三冠王が誕生する年になった。 

 

野球における三冠(さんかん、英語:Triple Crown)とは、日本プロ野球(NPB)においては1シーズンに1人の選手が首位打者・最多本塁打・最多打点の3つのタイトルを取得することであり[1]、メジャーリーグベースボール(MLB)においては1シーズンに1人の選手が首位打者・最多本塁打・最多打点の3つのタイトルを取得すること[2]、もしくは、1シーズンに1人の選手が最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の3つのタイトルを取得することである[3]。

三冠を達成した選手を三冠王(さんかんおう)と呼ぶ。一般的には、打撃部門の三冠王の事を指している。投手部門の三冠王には、「投手三冠王」又は、「投手三冠」と区別して呼んでいる。

三冠 (野球) - Wikipedia

トリプルスリー 打率3割・30本塁打・30盗塁

ヤクルトスワローズ 山田哲人 2015,16,18シーズン

 トリプルスリーといえば、まっさきにヤクルト山田哲人の名を挙げられるだろう。2015、16年シーズン、一年はさんで、2018年シーズンの計3回獲得と、打率、本塁打、盗塁、どれ一つでも“3”をマークするのは、難しいにもかかわらず、ひとシーズンで3つとも3をマークることはただ事ではない。

 長い事プロ野球を観戦していますが、トリプルスリー というのはなかなかお目にかかれるものではない。この人が凄いのは、3回のトリプルスリーを達成と、考えられない記録とも言えるのでしょう。

広島カープ 野村謙二郎1995年 金本知憲2000年達成

 広島東洋カープの選手で何人か達成した選手がいたような気がしましたので、検索してみたところ、野村謙二郎さん、1995年シーズンに達成。

 金本知憲さんも2000年に達成と、広島からもトリプルスリー達成者が在籍していたようです。

 

トリプルスリー (Triple three) は、日本プロ野球において打者が同一シーズンに「打率3割・30本塁打・30盗塁」以上の成績を記録することを意味する用語であり、和製英語[1][2]である。

概要 
トリプル3[3]、トリプルサーティ[4]とも呼ばれ、「3割30本30盗塁」とも呼ばれる。岩本義行、 別当薫 、中西太が達成した時代はトリプルスリーという言葉は存在せず、野球ファンに記録が注目を浴びるようになったのは1980年代からと言われており、1983年に簑田浩二が達成した際には野球雑誌などで取り上げられた[5][6]。

野球の攻撃分野(打力、走力)において隙の無い好打者であることを証明するものとされ[7]、これを目標とする打者も存在する[注 1]。

川上哲治は1950年、長嶋茂雄は1958年に、いずれも本塁打1本の差でトリプルスリーを逃した。特に長嶋は、一塁を踏み忘れて「幻の本塁打」となった1本があったために記録を逃した[14]。

トリプルスリー - Wikipedia

2020 プロ野球全選手カラー写真名鑑 (週刊ベースボール2020年2月25日号増刊)

2020 プロ野球全選手カラー写真名鑑 (週刊ベースボール2020年2月25日号増刊)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2020/02/12
  • メディア: 雑誌 

上原浩治 日米通算100勝100S100H

ホールド:一定の条件を満たした救援投手に与えられる記録

 トリプルスリーとは違いますが、トリプル100という言い方が出来そうなのが、上原浩治さんの、日米通算100勝100S100H。こちらの記録も、長年にわたりプロ野球を見ているのですが、あまりお目にかかれない記録になりそうです。

 理由はあるのですが、以前までは、ホールド(H)という記録がなかったというのもひとつあるのでしょう。だとしても、トリプル100という記録自体素晴らしいことに変わらないのです。

 

ホールド(英:Hold)とは、野球において一定の条件を満たした救援投手に与えられる記録。リリーフの分業化が進み、本来は救援投手全体のための指標であったセーブがクローザー(抑え投手)に独占されるようになったことを受けて、1986年にアメリカで考案された。抑え以外の中継ぎ投手のチーム勝利への貢献度を客観的に評価する指標となる。

以下の4つの共通条件を満たすこと[1]。 

先発投手、勝利投手、敗戦投手のいずれでもなく、セーブが記録されてもいないこと
自チームの最終守備イニングの3アウト目を取った投手(交代完了投手)ではないこと
アウトを1個以上取ること
降板した後、自身に記録された失点によって自チームが同点に追いつかれて、または逆転されていないこと

ホールド - Wikipedia

結果と向き合う勇気を受けて、通信は独我論でこそという答え

 「結果と向き合う勇気」という本が出版されていることが分かった。いずれ機会を見つけては、読みたいと考えております。すこし、タイトルからイメージしたことを、メモ書きしたいと思います。

 イメージされたことと結果を一致させるのは難しく、いまだに出来ないでいます。やはり、関係性の中で、結果も左右されてしまう事も多く、他の人が、どのように考え動くことまでイメージする事までは、不可能なこと。だとすると、独我論という考えが好きで、見切り発車で良いという結論が出ています。どういうことかと言うと、練りに練った考えだとしても、他者がそれをどうとらえるかは別の話だし、その正しさすら関係性の中で決まってしまう。だとすると、ある程度のところで、表現し、反応を受けて、考え、あらためて表現。また、反応を見る。繰り返す中で一致を見る。

 通信では、この様に考えた方が良さそうという結論に至りました。通信は独我論でこそ。

 

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。マネジメントはスポーツバックス[1]。

元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった。NPB時代に20世紀最後の沢村栄治賞を受賞。投手で20世紀にプレー経験がある最後の大卒ドラフト出身選手。2018年に日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成した。2019年5月20日、引退を表明[2]。

実兄は北川ヒューテック代表取締役社長の北川隆明[3]。

上原浩治 - Wikipedia

OVER - 結果と向き合う勇気 - (JBpressBOOKS)

OVER - 結果と向き合う勇気 - (JBpressBOOKS)

  • 作者:上原 浩治
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2019/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

サツカー

小4の頃知り合う adidas、puma、Asicsクラブ活動兼普段着

 サッカーとの付き合いというものも割と古く、小学校4年生からという事になるのだろう。クラブ活動に参加してという事になるのだろう。男子生徒はSoccer、女子生徒がバスケを選択できるようになっており、クラブ活動と普段着を兼ねて、一日ジャージで過ごしている様な小学校時代と言えるのでしょう。

 おしゃれをして学校に行くと言った感じでもなかったように記憶しています。当時、adidas、puma、Asicsが好みだったようです。Nikeに関しては、東京に来てからという事になるので、1995年前後と、少し遅めと言えそうです。

 中学に進学するとクラスメイトの影響を受け、バレーボール部に入部。あまり運動神経は良くなかった様に想いますが、仲良くなった子につられて入部を決めた。そんな感じだったかと思います。朝練の舞台となったのが、大倉山にある、熊野神社。サッカーの神様ヤタガラスで知られる神社でもあります。

“サッカーの神様ヤタガラス" 熊野神社へ向かう坂が朝練の舞台

 最寄り駅の、綱島から、綱島街道を横浜方面に向かうと、熊野神社へ向かうためのわき道のようなところがあり、そこに入り、しばらく歩くと、丘が見えてくる。

 丘の上に神社という配置になっており、坂を上ることにより、神社がある、高台に上ることが出来る。上るための急坂が朝練の舞台になったようです。

 先日、うかがった際、ひさしぶりに急坂を上ってみたところ、イメージしていたより、こじんまりとはしていたが、かなり急。上りきり、振り返ると、むこうに綱島駅方面が見てとれ、真下には、東海道新幹線の高架。

 坂と交差するような錯覚を起こすほど、急な坂に見えた。

 

八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話に登場するカラス(烏)[1]であり神。神武東征の際、高皇産霊尊(タカミムスビ)によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされる。一般的に三本足の姿で知られ、古くよりその姿絵が伝わっている[1]。

上述のように三足烏の伝承は古代中国の文化圏地域で見られる。朝鮮半島ならば、かつて高句麗(紀元前1世紀~6世紀)があった地域(現在の北朝鮮)で古墳に描かれている。高句麗の人々は三足烏が太陽に棲み、亀が月に棲むと信じていた。一方、朝鮮半島南部(現在の韓国)にまでは広がっていなかったという説がある[6]。

八咫烏 - Wikipedia

Jリーグ選手名鑑2020 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)

Jリーグ選手名鑑2020 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2020/02/12
  • メディア: 雑誌

ルノー・日産・三菱アライアンス

ウイリアムズルノー  5ナイジェルマンセル 6リカルドパトレーゼ

  F1との付き合いは、1990年前後からと言えるから、アイルトンセナやアランプロストがはやかった時代と言えそう。高校に進学するかしないかの頃とも言えるが、すでにこの頃から、状態はひどいもの。

 こもりがちになっており、外に行くのもおっくう。それでも、友人も誘い出してもくれたし、今想うと有難い気持ちになります。

 

リカルド・ガブリエーレ・パトレーゼ(Riccardo Gabriele Patrese 、1954年4月17日 - )は、イタリア・パドヴァ出身のユダヤ系イタリア人の元レーシングドライバー。

日本における通称は「鉄人」。当時日本でF1中継を実況していた古舘伊知郎からは、「史上最強のセカンド・ドライバー」「二百戦練磨の男」等とも呼ばれた。

リカルド・パトレーゼ - Wikipedia

周りは、一様にマクラーレンホンダ、アイルトン・セナの名

 当時、ウイリアムズルノーが特に好みで、ナイジェルマンセルが気になっていました。“Red5” カッコイイ。同じチームには、リカルド・パトレーゼ。

 周りは、マクラーレンホンダ、アイルトンセナという名が出てくるも、なぜだか、いつものように、まわりとは違うものを好んでしまう。それを悪いとも想わないし、一致しないものは仕方ない。かまわず、応援を続けた。

 

ルノー・日産・三菱アライアンス(ルノー にっさん みつびしアライアンス、Renault–Nissan–Mitsubishi Alliance。ルノー・日産自動車・三菱自動車とも[1][2])とは、フランスの大手自動車メーカー ルノー と、日本の大手自動車メーカー 日産自動車、三菱自動車工業が締結したパートナーシップ関係の事である。2016年以前はルノー・日産アライアンスと呼ばれた。

ルノー・日産・三菱アライアンス - Wikipedia

“モナコマイスター” アイルトンセナ モナコGP5連勝含む通算6勝

 1992年シーズン開幕から5連勝を果たす、ナイジェルマンセル。 続くモナコでも、PPからのスタート。ただ、決勝では、3番グリットからスタートのアイルトンセナが勝利し、6連勝はならず。

 モナコマイスターの異名を持つアイルトンセナが、モナコGP5勝目。翌93年も勝利し通算6勝。史上最多の記録になる。

 

モナコ・マイスター(Monaco Meister)は主に日本で使われる称号で、F1レースの一つであるモナコGPに際立って強いドライバーに冠せられる通称。

3勝以上挙げたドライバーに与えられる場合が多い。マイスターとはドイツ語で「名人、達人」、あるいは「チャンピオン」の意。

モナコ・マイスター - Wikipedia

Senna Versus Prost (English Edition)

Senna Versus Prost (English Edition)

  • 作者:Malcolm Folley
  • 出版社/メーカー: Cornerstone Digital
  • 発売日: 2009/05/07
  • メディア: Kindle版

1993年Jリーグ開幕

浦和レッズ、横浜マリノス二択のうち地元横浜Mを選択

 4歳まで埼玉県にお世話になっており、そんなこともあって、浦和レッズにも興味をもっていましたが、ただ、やはり、地元という意識が強かったか、横浜マリノスに興味をもったようです。

 当時のメンバーで思い起こすことが出来る選手と言うと、井原正巳さん、キーパーの松永さんなどがイメージされました。また、前後しますが、 浦和レッズなら、福田さんが想いだされました。

 10チームで開幕をむかえたと記憶しており、チーム名と主な選手が一覧となっている冊子のようなものを、どこかで配布されており、そちらを参考に覚える作業を行っていたようです。

翌1994年“ドーハの悲劇”があるも、期待と楽しみだけがあった...

 サッカークラブに所属していたこともあり、また、キャプテン翼など、Soccerを題材としたアニメやComic、またはゲームなどをプレイしていたことからも身近さも手伝って、覚える作業も楽しかったことも思いだされます。

 元年という事もあって、注目度も高い。メディアもこぞって、選手を追いかけることから、より一層気になるようになった。翌1994年にはドーハの悲劇というものもありましたが、とはいえ、始まったばかりというのもあって、これから、どうなるのだろうという、期待と楽しみがあったことを思い出されるのです...  

  

ドーハの悲劇(ドーハのひげき, Agony of Doha[1])は、1993年10月28日[注 1]にカタールの首都・ドーハのアルアリ・スタジアムで行われたサッカーの国際試合、日本代表対イラク代表戦の日本における通称。

1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の最終節で行われたこの試合は、第4戦までで日本はグループ1位となり本戦出場が有力視されていた。しかし、試合終了間際まで日本優勢で進み2-1で勝っていたところ、ロスタイムにイラク代表の同点ゴールが入ってしまう。

この結果、勝点7のサウジアラビアが1位で、勝点6と日本と同数ではあったが得失点差により韓国が2位出場となり、FIFAワールドカップ初出場が期待されていた日本代表が一転して予選敗退する結末となった。

ドーハの悲劇 - Wikipedia