野球の表現は多く、心を育まれたから守りたい 日本では野球が保守的 “右” サッカーは革新的 “左” 国の内外では左右反転している

野球、サッカーで左右を考える

現状の日本は左右が分かりづらい… 

 現在の日本を見てみると、右左が分かりづらくなっており、混乱している様にも映る。ネット右翼もなんだかよく分からないことを言っているし、とにかく分かりづらい。なので、整理する事にした。

 なにで説明するのが早いかと考えてみたところ、野球とサッカーで説明するのが良さそうな事もわかりました。

 簡単に、日本と世界における野球とサッカーの置かれた状況を表して見ました。どうでしょうか。日本において野球がプロ化されたのは、戦後。

 

野球の表現は多いサッカーは少ない

 プロ野球は歴史も古く、それにまつわる表現物も多く世に出ており、携わる人間も多かったろうから、そこに流れるお金の量も豊富。当然、多くの作品が世に出回る事になる。

 反対にサッカーは、プロ化して20年前後と浅く、野球と比較すると、サッカーを表現したものも少なければ、携わる人も少なかっただろうから、そこに流れるお金、また、作品が世に出る機会も、少なくなる事がイメージできる。  

日本 

野球 プロ化して歴史も長く保守的

サッカー プロ化して歴史は浅く革新的 

世界 

野球 普及はされておらず、比較は難しい

サッカー 世界に普及されており、歴史も長い 保守的

国内と海外では左右が反転している

 野球の表現は多く、心を育まれたから守りたい。

 日本では野球が保守的 “右” サッカーは革新的 “左”と言えるのでしょう。反面、世界では、野球はそこまで普及されておらず、比較は難しい。サッカーは広く知られており、歴史も長く、その国々の文化にもなっていることから、サッカーという競技はメジャーで保守的な存在といえるでしょう。

 なので、国内と海外では、左右反転している事もわかる。

国内と海外は左右反転 

f:id:ktake0606:20200425003155p:plain

スポーツはD層問題

サッカーA層「革新」 野球C層「保守」

 A層、世界(明治以降における日本)の普遍的な価値。C層は、本来の日本の普遍的な価値。

 A層は明治以降の日本といえるだろうし、C層はそれ以前の日本の価値となるだろう。サッカーはどちらかというと、もちろんAになる。世界的なスポーツといえるだろうし、同じルールの下で戦う事になる。同じルールを共有しながら戦う事。同じ価値を共有して戦う事になるから、明治以降の日本の姿とも言える。サッカー日本代表を表すなら、そうなる。

 

B層「ミーハー層」上手にうながすこと

 プロ野球はC層になるだろう。日本においては、なじみのあるスポーツ。プロ化して歴史もあり、多くの表現物が出回っている。それらのものから、育まれた人々も多く、消費されるモノも多いだろうから、保守したいと思う心も自然。

 Jリーグは歴史も浅く、保守的な層からは、理解もむずかしいかも知れません。丁寧に続けていく必要もありそうです。 

 

f:id:ktake0606:20200605002449j:plain

日本を救うC層の研究

日本を救うC層の研究

  • 作者:適菜収
  • 発売日: 2013/07/12
  • メディア: Kindle版