Ⅺ 英独日 PremierLeague×Fußball-Bundesliga×J1 LEAGUE 日本の国技Soccer八咫烏×Sumo デーモン竹田 悪魔年齢1億46歳

jリーグ百年構想!×電通×欧州サッカー×F1 日英同盟 ヨーロピアンデジタルDAZN:新公武合体 M媒体 ガイアの法則より 1995年からスタート 英独日

2020シーズンを考える 神奈川“973”ホシトリヒョウにヤミツキ  より良い心を受け渡す それを繰り返していく事で自然とより良いもの

神奈川973計19

意思疎通を計る為のツール 

  早く正確に、意思疎通を計るためには、何が必要なのか。

 どの様にして考えれば、誤解ないコミュニケーションを取れるのだろうか。その様にして考えていくと、イメージされるものがある。

 信号機や標識、または、ナンバープレートもそうなのかも知れませんが、合理的に管理、運用することは、男性的な優しさでもあると考えられる。

 同じイメージを共有することで、誤解ないコミュニケーションをはかることとは、現実的で問題も起こりづらいと考えられる。

 

imageされたものが見えるかたちに有る"i”

 道路標識なども、そういった狙いがあるから、数字や形でのコミュニケーションをよくないものとするのも、これもまた心ない事に見える。

 心が形として表現される。

 思考が現実化されるなら、または、imageが物質化されるならば、より良いimageを育む事を続けなければならないし、表現としてあらわすなどして、確認作業のようなことも必要になる。日記などがそれに該当するかもしれない。

 習慣から育まれた"i”を見えるかたちにして表す。

 双方一致しており、仮想と現実の話にもなる。

 

f:id:ktake0606:20200712094516j:plain

AI・IoT・ビッグデータの法務最前線

AI・IoT・ビッグデータの法務最前線

"i”あるなら数字でのコミュニケーション◎

 数字、アルファベット、型、形式でのコミュニケーションも“i”あるならば問題はない。

 相手なりを意識する事で成立を見るだろうから、鏡を見るようにして、Aに“i”を見、imageする事も必要になりそう。

 imageされたものから、見えるように表現してみる。対象となるものの反応を見つつ、再度表現を試みる。自然と一致を見る。コミュニケーション能力。rockの表現にも近いかも知れない。

 情報:information

  iが有るから成立する。表現された"i”が通じ、心が晴れる。

「時間×空間」から育むi  

f:id:ktake0606:20200424145838p:plain

プレミアリーグ サッカー戦術進化論

プレミアリーグ サッカー戦術進化論

2020年シーズンを考える

幼少から見聞きしたものから心が育まれる

 冒頭にある、“ホシトリヒョウにヤミツキ”とは一体何か。

 もちろん、人によって受け取り方も様々。幼少期から見聞きしたもので心が育まれるから、その都度の心で何かを見聞きし、または体感、そこから、新たな表現などを行う。

 繰り返し行う中で、自然と上達するものと考えられるが、ひとまず、その話は置いておくとして、 “ホシトリヒョウにヤミツキ”とは、自分にとって何を指しているのか。また、その狙いは、何か。

 

プロ野球、Jリーグ、Formula1は欠かせない

 “星取表に病みつき”

 とそのようにimageされる人も多いのではないでしょうか。

 星取表とは、何か。

 たとえば何かの競技において、勝敗を表として見えるようにしたものとなるから、冒頭からある、合理的な理由からつくられたものと考えられる。混乱を避ける狙いから、誰が見てもすぐ分かるように考えられたもの星取表。

 sports全般に見られる。 

 身体を機能としてみる事で、科学的なトレーニングなどを効率よく積むことが出来る。なるだけ、無駄なトレーニングを行うことをさける。あまり、良くない負荷をかけると故障のもとになるだろうから、なるだけ効率よく鍛えることを続けていく。

 

2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

  • 発売日: 2020/01/30
  • メディア: Blu-ray

武士道×騎士道 キリスト教

機能的に効率よく練習を積む"怪我を避ける” 

 トレーニングを多く積んでも対戦相手もいるし、リーグ戦になるなら、年間を通して、多くのチームと戦う必要もある。

 相手を上回る事により、試合に勝利することになるも、トレーニングを積んだからと、かならず良い結果が出るわけでもない。

 対戦する相手も、同じように考え、トレーニングを積んでいるだろうから、想ったような結果が見られないことはあるのだろう。

 

最高のパフォーマンスを示し勝利すること

 勝利することが目的になるだろうから、それをイメージしトレーニングを重ねる。習慣からトレーニングを行い、試合で最高のパフォーマンスを示す。もちろん、示したとしても相手が上回る場合もあるから、かならずしも勝利を見るわけでもない。

 ただ、最高パフォーマンスを示しての敗戦は納得が出来る。運不運もつきものになるだろうから、結果に仕方ないと思い納得いく敗戦になる。気持ちは晴れている。  

 そのようにして考えていくと勝敗よりも、最高のパフォーマンスを示すことを日々imageしトレーニングを行う必要が有る。結果として、自然と勝利を重ねることが出来るようになっている。

 気持ちは晴れている。

 

騎士道 (単行本)

騎士道 (単行本)

ホシトリヒョウ

“トリ”からサッカー F1がイメージ

 “ホシトリヒョウ”を音で見ると“トリ”からは、サッカー、F1がイメージされ、どちらも、切り離すことはできないもの。

 サッカー日本代表のエンブレムにも、カラスがおり、鳥がイメージされる。

 また、F1に関しても、マシンの前後に羽がついており、フロントウィング、リアウィングという言い方もするから、やはり、切り離せないものになりそう。

 見聞きしたもの、体感したものから、心や文化というものが育まれる事から、その人そのものが、どういった人間なのか、また、その表現はどうか、という事も問われそう。

何を好むのも自由 どういう人間かが重要

 その判断は、本人にとっては難しい事になるから、第三者に委ねるとして、いずれにしても、好んでいる物事より、自らが同じ心を有しているのかが、キーになりそう。

 また、どういった人間なのかは、重要な事なのですが、それも、人によって受け取り方が様々。

 場所によって評価が分かれるものだから、できる限り、育んだ心を優先。

 日本は苦手だけれども、何かを考える際、イメージされることは、日本で見たものや物事と考えると、日本を自然と意識せざるを得ないし、何かを考える際、日本語で考えている事から、心は日本。

 日本人なのだろう。

 

一致しない事により、日本が苦手になる 

 もちろん、自分は日本人だし、日本が苦手というものの、それもどうもおかしな話。

 たまたま、なのかも知れないが、自分が身を置いた場所が、悪く、良くない事に巻き込まれることが多かった様で、自然と苦手になってしまった様にも見える。

 また、“いじられキャラ”が定着したのも、小学校低学年と早く、確かに生意気なところもあったし、目をつけられやすいところもあったかも知れませんが、そんな事も理由になって、日本が苦手になってしまった様です。 

 日本と一致しないと思い込んでしまった節すらある。また、家庭内で、意思疎通の難しさも、そこに追い討ちをかけた様で、より深刻な状況になった様です。

 とはいえ、両親とも悪い人たちではなく、物事に真面目に向き合う人。自分はその姿は良いものと考えていた事から、両親をあまり悪く想ってはないし、誰かに悪く言われるのも面白くなく感じる。

より良い心を受け渡す それを繰り返していく

 “973”が重要になりそう。

 現状の国内を、日本と思うのは難しい。

 一致しないというのは、その表れとも考えられるから、どの様にして、より良い状態に引き上げるかを考えていたところ、導き出されたものは、“973”という数字になりそうです。

 あらゆるジャンルの“973”を尊重していく。

 良いものなら、学ぶ事をする。より良い心にしていく。繰り返していく事で、自然と国体というものが一致されるものと信じております。

 繰り返し行うことで、表現の上達が期待され、自然と一致も見られるだろうと期待されます。