Ⅺ防衛省神奈川県警皇道派M 外務省×農林水産省 America Britain China Dutch Japan SUN×MOON StarWars 官僚さん通信さんとも共に

jリーグ百年構想!×電通×欧州サッカー×F1 日英同盟 ヨーロピアンデジタルDAZN:新公武合体 M媒体 ガイアの法則より 1995年からスタート 英独日ユ

1964年東京オリンピック 終戦から19年後に開催される “江戸・東京空間は汚い” 欧米諸国 “日本君の成長物語”

1964年東京五輪

終戦から19年後開催される

 日本人が大人になる物語。

 太平洋戦争は反抗期と見ていいようです。欧米諸国のお父さんに反抗したものの、コテンパンに打ちのめされたとみていいようです。

 1945年8月15日に終戦を迎える。

 東京という空間を、欧米諸国は疑っており、太平洋戦争に関しても、間の悪さが理由になっていると考えていい。江戸時代からも疑念の目を向けられており、薩長に関しては、先兵と見ていいようです。欧米諸国が後ろ盾としており、江戸の良くない空間を改善しろ、という命があるようです。

 

“江戸・東京空間は汚い” 欧米諸国

 明治維新政府以降、不平等条約改正するため、キリスト教の考え方を導入する事が必要であったし、そのための武士道精神であった。

 新渡戸稲造さんも橋渡し的な役割を果たしており、ツールとして武士道が適役と考えられた。

 帝国主義の時代に、信仰の小国が以下に生き残るかを考えた結果ともいえるかも知れない。殖産興業、富国強兵も行い、不平等条約撤廃する事が、明治維新政府の悲願だったともいえる。   

 

「明治」という国家[新装版] NHKブックス

「明治」という国家[新装版] NHKブックス

四“アカ”が招いた世界大戦

増長した結果 “黄禍論”が出される

  殖産興業、富国強兵もうまくいき、日清、日露戦争とも勝利をおさめる。不平等条約も改正され、一等国の仲間入りを果たすも、増長するところが見え始めてくる。

 第一次世界大戦の結果から、日本は利権を得る事も出来たようです。ますます、拡大の意図を見せ始め、その様子を見て、日本に対して、欧米諸国も警戒し始める。

 結果黄禍論というものが出されても自然なことといえるかもしれません。

 

黄禍論(こうかろん/おうかろん[1][2] 独: Gelbe Gefahr、英語: Yellow Peril)とは、19世紀後半から20世紀前半にかけてヨーロッパ・北アメリカ・オーストラリアなどの白人国家において現れた、黄色人種脅威論。

人種差別の一種である。

黄禍論 - Wikipedia

1964年東京五輪 欧米諸国の試験

 ABCD包囲網を経て、太平洋戦争に突入する。1945年8月15日終戦を迎える。

 一面の焼け野原。戦後復興が始まる。19年後の1964年(昭和39年)10月10日東京オリンピックが開催される事となった。

 こちらも、チェックとしての役割も有ったようです。欧米諸国としては、日本君が大人になれているか。しっかり運営できるのかという確認のためとも考えられる。また、日本で考えると、国体というものについて考えるための良いきっかけとなるイベントになる。双方の想いが合致した大会とも言える。

 新渡戸稲造「武士道」の話にも通じる。人の想いが結実したと言えるのでしょうか。

 

1964年東京オリンピック(1964ねんとうきょうオリンピック)は、1964年(昭和39年)10月10日(後の体育の日)から10月24日までの15日間、日本の東京都で開かれたオリンピック競技大会。

一般的に東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第十八回オリンピック競技大会の表記もみられる。

1964年東京オリンピック - Wikipedia

東京オリンピック

東京オリンピック

  • 発売日: 2013/12/20
  • メディア: Prime Video