Ⅺ防衛省神奈川県警皇道派M 外務省×農林水産省 America Britain China Dutch Japan SUN×MOON StarWars 官僚さん通信さんとも共に

jリーグ百年構想!×電通×欧州サッカー×F1 日英同盟 ヨーロピアンデジタルDAZN:新公武合体 M媒体 ガイアの法則より 1995年からスタート 英独日ユ

1988年青函トンネル開通 青森県北海道をつなぐ 1997年北斗星夜行列車に乗り札幌競馬場 GⅡ札幌記念

陸奥国(むつのくに)は、かつて存在した令制国の一つ。東山道に属する。現在の福島県、宮城県、岩手県、青森県。等級区分で大国の一つ。

当初は「道奥」(みちのおく)と呼ばれ、平安時代まで「陸奥」(みちのく)とも呼ばれた。その後は「陸奥」(むつ)と呼ばれた。

畿内から見て山道(のちの東山道)と海道(のちの東海道)の奥に位置する。中央政権に新規に服従した地域を同国に含めていったため、時期によって範囲は変遷する。未だ服従しない北方の蝦夷(えみし)と接した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/陸奥国

青森県

津軽海峡カーフェリー

 津軽海峡フェリーを利用して、車で父の実家のある、根室市まで向かった様子を映した、写真というものを目にすることができた。両親はまだ若く、自分は生まれていない。訪ねたことがあった。

 “なぜいない?なぜ連れて行かない?”

 “まだ、あなたは生まれていないのよ”

 そんなことを言って聞かされた。

”なぜいないなぜ連れて行かない?”“生まれてない”

 父は北海道根室市の人。

 母は栃木県大田原市の人になるが、高校を卒業すると上京。バイトをしながら専門学校に通う。専門学校の友人を通じて知り合ったとなるが、新宿西口で遊ぶことが多かったようです。バイト先は、新宿駅ビル構内にある、蕎麦屋さんだったと母から聞かされている。先日訪れた際、あたりを見渡してみたが、残されておらず、少し残念にも思った。

 同棲を経て、結婚。

1974年6月6日(昭和49年 寅)東京都小平市生まれ

 1974年6月6日(昭和49年 寅)東京都小平市に生まれる。

 手狭になったか引っ越しを検討。東急東横線日吉駅の案もあったらしいが、埼玉県新座市に落ち着くことになった。

 両親とも高倉健さんのファンだったことから、“健”の名をつけようという案もあった。が、気恥ずかしくなり、“賢”に落ち着いたそうだ。そんな話もたびたび聞くことができた。

幸福の黄色いハンカチ”育ったとこ知ってほしい…”

 当時のことを割と覚えており、多くのことをイメージすることができる。映画を両親と見に行くこともできた。「幸福の黄色いハンカチ」 

 高倉健さん、桃井かおりさん、武田鉄矢さんなどが出演。車で北海道に向かう様子が描かれていた。

 まだ、おさなく、北海道に行くこともできていない。映画を通して、自分の育ったところを知ってほしいという父の思いだったかもしれない。もちろん、当時はそのように考えることもできなかったけれども、年齢を重ねることにより、感じられるようになるものなのか。

1988年青函トンネル開通 青森県北海道をつなぐ…

 1988年青函トンネルが開通される。

 引用にもあるように、本州の青森県東津軽郡今別町浜名と北海道上磯郡知内町湯の里を結ぶJR北海道の鉄道トンネルになる。

 飛行機や津軽海峡フェリーだけでなく、電車でも、北海道に行くことができるようになった。便利。選択肢も増えた。

 

青函トンネル(せいかんトンネル)または青函隧道(せいかんずいどう)[3][注釈 3]は、本州の青森県東津軽郡今別町浜名と北海道(渡島総合振興局)上磯郡知内町湯の里を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道トンネルである。

津軽海峡の海底下約100mの地中を穿って設けられたトンネルで、全長53.85 kmは交通機関用のトンネルとしては日本一および東洋一である[5]。全長は約53.9kmであることからゾーン539の愛称があった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/青函トンネル

エアグルーヴものがたり

1997年北斗星夜行列車に乗り札幌競馬場 札幌記念

 1997年当時、状態は最悪期。

 おそらく、1990年代最悪の状態にあったかもしれない。日吉で一人暮らしをしており、駅から数分のところにある、コンビニでバイトをしていた。ただ、服用していたお薬が合わなかったか、副作用がひどく、眼球が上を向いてしまったりもした。ほかにも光過敏も。

 夜間に車のライトを目に入れてしまうと、しばらく、あたりが見えづらくなったりもした。そんな状況下ではあったが、バイト先の人も根気強く接してくれた。ありがたい。

いちょうS勝利 阪神3歳牝馬S2着有力馬に躍り出る

 気晴らしもかねて、札幌競馬場で行われる、GⅡ競争札幌記念を観戦することにした。目当ての競走馬がいた。エアグルーヴ。

 1996年オークス馬。

 デビュー戦2着も、続くレースで快勝。東京競馬場で行われる、オープン競争いちょうSも勝利。直線前をふさがれる不利もあったものの、前が開くと、一気に先頭、ものの違いを見せる。続く、GⅠ阪神三歳牝馬Sでは、直線追い上げるも前を行くビワハイジ一歩及ばず2着。

 クラシックで逆転したい。

TRGⅢチューリップ賞5馬身差圧勝桜花賞大本命も

 年明け初戦、桜花賞トライアルGⅢチューリップ賞。

 桜花賞トライアルとしては、こちらを勝利すると本番でも好走するデータも残っており、ぜひとも勝利したいもの。

 レースでは、GⅠ阪神三歳牝馬Sで敗れた、ビワハイジに5馬身を付ける圧勝、ものが違う。完全に桜花賞一強ムード。

 牡馬クラッシック組では、前年のオークス馬ダンスパートナーの全弟ダンスインザダークの評価が高い。こちらも一強も様相。

一強ムードも熱発回避   桜花賞馬ファイトガリバー

 本番直前、熱発回避。

 当時、風邪が流行っており、牡馬クラシック有力候補だった、ダンスインザダークも回避する結果となった。桜花賞はファイトガリバーが勝利。皐月賞はダンスインザダーク、ロイヤルタッチとともにサンデー産駒三強の一角イシノサンデーが勝利する。 

 本番では、両馬とも巻き返しを見せたいところ。東京競馬場で行われる2400mのレースGⅠ競争オークス。

オークス一番人気に支持 力の違いを見せ  快勝!!

 エアグルーヴは、熱発休み明けにもかかわらず、一番人気に支持される。

 同じ東京競馬場1600mで行われた、いちょうSでの勝利もインパクトがあったし、桜花賞トライアルチューリップ賞5馬身差の勝利は、特筆すべきもの。そんなことも支持を集める理由になった。

 レースでは、前半スローな展開も、直線、桜花賞馬ファイトガリバーをとらえると、他17頭を引き連れ、先頭でゴール版を駆け抜け、オークスを制した。

 当時、凱旋門賞挑戦のプランのようなものも新聞で目にしたようですが、どうでしょうか…

体調維持が難しいか思うようにレースをつかえない

 どうも、完成はまだ先のよう。

 体調維持が難しいのか、秋華賞のステップレースを使うことができず、直行することになった。この年から、秋華賞がクラシック三冠目のレースとなり、エリザベス女王杯は、古馬牝馬に解放されることになった。牝馬の活躍の場が開かれた。

 秋華賞。

 パドックからテンションが高いエアグルーヴ。落ち着かない様子。まだ、完成はまだ先か。ただ、断然の人気を背負っている。どうなるか…

テンションも高く思うようにいかない 10着の大敗

 レースでは、Startも悪く、外枠発走ということもあって後手後手を踏む展開。当時、秋華賞は京都2000mで行われており、小回り。外を回されるのは厳しい状況。3角4角あたりで鞍上の武豊は仕掛けるも手ごたえは良くない。

 直線に入っても伸びきれず、10着の大敗を喫する。断然の一番人気だっただけに、嫌な予感もした… 

 レース後骨折していることが判明。パドックでカメラのフラッシュに驚き、テンションが高くなってしまったのも理由としてあるのかもしれない。思い通りにレースを進めることができなかった。長期休養に入る。  

秋華賞ファビラスラフイン  エアグルーヴ骨折休養

 秋華賞に勝利したのは、ファビュラスラフイン。

 続く東京競馬場で行われる、GⅠ競争ジャパンカップでも2着と好走。力のあることを示した。

 翌1997年雪辱を果たしたい。

 長期休養明け初戦に選んだのは、阪神競馬場で行われる、牝馬限定GⅢ2000mで行われるマーメイドS。シングライクトークという上がり馬が目下のライバルということになるか。前年のオークス馬の意地を見せたい。

1997年マーメイドS 長期休み明けも解消 力が違う

 レースでは直線ものが違うのか、長期休み明けをモノともせず、圧勝。 続くレースに選んだのは、札幌競馬場で行われる、GⅡ競争札幌記念。

 オークス馬エアグルーブ以外にも、皐月賞、マイルチャンピオンシップを勝利したサンデーサイレンス産駒ジェニュインも参戦。他にも、エリモシックなど、力のある馬も参戦している。ここを勝利し、本番天皇賞(秋)に弾みをつけたいところ。

GⅡ札幌記念皐月賞馬を下し快勝天皇賞(秋)へ飛躍

 当時、状態も最悪期にあって、落ち着いて過ごすことができないでいた。

 現地に着くも、まぶしさを感じた。太陽光を目に入れると、視界に緑色の点が残り続ける症状が出ており、なるだけ、施設内で過ごすことを優先させた。

 皐月賞、マイルチャンピオンシップを勝利したジェニュインを抑え1番人気の支持。レースでも、直線はいると、古馬牡馬を突き放し、勝利。

 天皇賞秋へ向け、視界良好。人気馬の一角に躍り出ることになった。

 

青森県の歴史散歩 (歴史散歩 2)

青森県の歴史散歩 (歴史散歩 2)

  • 発売日: 2007/05/01
  • メディア: 単行本